スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いまさらですが

ブログにアップしようと思って画像はとっていたのにこちらも時間がなく

アップしてませんでした。

せっかくなので(もったいないので)いまさらですが制作過程のアップです。

まずは身頃の途中経過画像です。

今回は肩や袖につながるモチーフがなく、脇がつながっているデザインなので

先に脇をつなぎ、一気にスパンコールを付けます。

DSC01722.jpg

この状態で付けられるスパンコールをすべて付けたら反対の脇をつなぎ、肩もつなぎます。

その後筒状にした袖を付けます。

今回は脇をつなぐときにロックミシンにピンクの糸を付けているので糸替えを

最小限に抑えるために肩をつなぐ前に先にパンツとスカートを付けちゃいました

DSC01724.jpg

袖だけの画像です。このように身頃につなぐ前に筒状にします。

DSC01723.jpg

基本的にレオタードはレオタードの作りかたでも説明したように先に肩をつなぎ

袖を付けてから一気に袖と脇をつなぐのですが、私は今回やったように先に肩と

脇をつなぎ、筒状にした袖をはめ込むほうが好きです。

こちらのほうがわきの下のつなぎ目がきれいに合わせやすいのです。

下が会心の出来のわきの下のつなぎ目です。

場所が場所なだけに誰が見るわけでもないのですがここが両脇ともきれいに

そろうと気持ちがいい!

DSC01725.jpg

完成画像はまた次の記事です。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

わきがきちんと。。。久しぶりにバザーに出すために袖付のレオタードを作ったので、kasumiさんのようにずれなく!っていうのをめざすのはどれだけめんどくさいか実感しましたよ!
まぁ本職ではないから。。とか言い訳するけど、私の作品は雰囲気重視縫製適当のアメリカ型ってことで(爆)
…はい、今度はきちんと前のHow to記事見ながらちゃんとやりたいと思います~(でも予約で入っている仕事は袖なしの単色レオタードだからまた適当になるかも(^皿^;)ゞ)
スパンもつけているからこれ失敗してももう一回やり直せばいいや~ってわけにもいかないでしょうし、記事に書かれているよりもっと神経使う作業なんだろうなぁ~って思いながら読ませていただきましたm(__)m糸かえの回数を減らすために工程を変えるというのも経験積まないとなかなか思いつかなさそうですv-356



besuoさん

いやいやそんなに謙遜なさらなくても・・・
ちゃんときれいにできてるじゃないですか!!

スパンコールや切り替えなどは確かに補正が厄介ですね~
スパンコールはまだその部分をはずして付け直せばいいことなので手間がかかるだけなんですけど、切り替えはデザインによってはいちから作り直しになる場合もあるんですよね~
Julietのように切り替えが単純だとちょっとつぎはぎすればいいんですけど、たとえばStreamシリーズでスカート位置を上げて欲しいとか、Tangoでスカートをもっと短くとか言われるともうその部分は作り直しですv-406
最近はレオタードをデザインするときに補正がしやすいようなものばかり考えてる自分がいます・・・
プロフィール

kasumi

Author:kasumi
レオタード作りが大好きです。
皆さんがこのブログを見て楽しんでくれたら嬉しいです。
オーダーはまず受付状況をご確認ください。
※私のつたない作品を気に入っていただけるのは嬉しいのですが、デザインや画像の持ち出しは
ご遠慮くださいますようよろしく
お願い申し上げます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
マイ・オークションをごらんください
メールフォーム
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。