FC2ブログ

もう発送済みですが

ず~っと追込み中につきなかなかブログを更新できませんでした

一応ブログにアップしようと画像を何点か撮りましたので遅ればせながら

アップしようと思います。

今回のレオタードはちょっといつもとは一味違います。

何が違うかというと、まず本体生地が重ね使いです。

下の画像をご覧ください。

DSC01826.jpg

端っこのほうをよくご覧いただければわかると思うのですが下はロイヤルブルーの

トリコット生地を使用しています。

その上に青いラメがついた黒いパワーネットを重ねているのです

単品使いでは出せない深い不思議な色合いになりました

次の違いは今回は背中に空きはあるけれどハイネックではないレオタードだという

ことです。

DSC01825.jpg

この場合でも私はスナップボタンを使います。

経験上この方法が一番演技中に外れなくて壊れにくく、確実だからです。

でもこのせま~いスペースにスナップボタンを付けるのは大変で、

案の定?片方失敗してしましました

金具を端に付けすぎてしまって襟からはみ出してしまったのです

スナップボタンをはずして付け直すか?それとも襟ごとはずして襟を作り直すか?

難しいところですが残り生地が少なく、次に失敗したらもう生地がなくなって

しまうのでまずは金具を外して付け直す方法にしました。

金具を外す時に生地を傷めないよう慎重に慎重に、ゆっくりと外します。

無事きれいに外すことができ、襟を作り直さなくて済みました。

(でも金具を外すだけでかなり時間がかかってしまいました・・・)

そして最大の違いはパンツにも切り替えが入っているということです。

DSC01827.jpg

これがなかなか悩みどころで、切り替えの部分をどうするかずいぶん悩みました~

縫い目がゴロゴロしないように、また折り返し部分をきれいに仕上げるには重ねて

ジグザグミシンのほうが断然いいです。

今回は2枚重ねなので裏がはみ出して見えちゃうということがないように、

裏の生地を気持ち内側にするように気を付ければいいだけです。

しかしここはパンツ部分です。

パンツ部分といえばレオタード全体で一番横に引っ張られ、負担がかかる

場所です。

そこをロックミシンに比べて強度が弱いジグザグで仕上げるのはどうなのか?

悩んだあげく、ロックミシンで縫うことにしました。

切替線をそのまま下まで縫ってしまうとパンツの折り返す部分に縫い目が

きてしまうため、途中に切込みを入れ、そこまでロックミシンで縫って、

続きの折り返す部分だけ2枚重ねてジグザグミシンをかけました。

ネットを重ねている側でネットが折り返しのところで切れているのは

そのまま端まで重ねて折り返すとネットが足に直接触れてちくちくするから

です。

(もちろんネットの端は浮かないようジグザグミシンで縫い付けてありますよ~)

使用した生地はすべてお客様持込みで、デザインもお客様デザインなので

完成画像をアップできないのが残念ですが下の画像のきれいな黄緑ホログラムの

モチーフをお付けします。

DSC01824.jpg

縫い付けるとこんな感じす。

kakudai.jpg

どちらもそれぞれにきれいな2色のブルーの生地にモチーフがよく映えます

スポンサーサイト



プロフィール

kasumi

Author:kasumi
レオタード作りが大好きです。
皆さんがこのブログを見て楽しんでくれたら嬉しいです。
オーダーはまず受付状況をご確認ください。
※私のつたない作品を気に入っていただけるのは嬉しいのですが、デザインや画像の持ち出しは
ご遠慮くださいますようよろしく
お願い申し上げます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
マイ・オークションをごらんください
メールフォーム
カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
月別アーカイブ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR