スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プリント生地画像です

少しずつ買い足してきたプリント生地ですがなかなか画像をアップできず

今日まで放置してしまいました・・・

これ以上たまる前に一念発起して(というほど大げさではないけど)

一気に画像を撮り、アップしてみました。

まずは明るめの優しい花柄から

DSC01858.jpg

柄の大きさがわかりやすいように50cm定規を置いてみました。

画像をクリックしていただくと大きい画像が出て目盛が見やすいと思います。

次に水玉セレクションです。

DSC01857.jpg

※赤い水玉生地は在庫切れです

個人的にはピンクに黒の水玉が好きです

140cm~130cmのトップスにしたら可愛いだろうな~と

思ってます。

次は星柄です。シルバーの星がラメなのですが残念ながら剥げている箇所が多々あります。

近くで見ればわかりますが遠目には気になりません。

DSC01859.jpg

最後がこちら

DSC01860.jpg

※黒地に青いリボン柄の生地は在庫切れです

青い花柄は大柄です。120cm以下のレオタード、手具入れ等には柄が大きすぎて

不向きだと思います。

黒地にバラの生地が結構私的にはツボです。

何を作っても無難そうな、作るものを選ばない使いやすい柄です。

リボンを広げたような柄は案外華やかで、近々トップスに仕立てる

予定です。(息子が裁断まで済ませてくれました)


スポンサーサイト

トレンカタイプのタイツ

試作中にご紹介したトレンカタイプのタイツですが最終的にこの形に

落ち着きました。

DSC01843_20120220230742.jpg

別の角度から・・・

DSC01844_20120220230741.jpg

この形がいろいろ確認してみたところ一番おさまりがよかったです。

これから何本か作っていくうちに改良点は出てくるのでしょうが今はこれが

せいいっぱいです。

最初の数本はある意味モニター価格なので検討中の方は今がチャンスかもしれません


1着は出品用

少し前まで練習用レオタード、トップスをひたすら縫ってました。

たまってるオーダーのうちトップスや練習用レオタードだけをまず

終わらせてしまおうという企画です。

練習用レオタードは急ぎということで至急発送しました。

バイアス処理をする黒いトップスは後はバイアス処理とモチーフを

付ければ終わります。

ご一緒にオーダーをいただいたスパッツを製作したら納品です。

もう2着オーダーをいただきましたトップスがあるのですが1着は思い通りの

生地がなかったためイメージに近い生地2種類でそれぞれお作りして

そのうちの1点を選んでいただきました。

こちらは完成画像をアップすることができません。

残った1着はヤフオクに出品しました。サイズは125cmです。

DSC01851.jpg

前身頃のみ裏地をお付けしております。

ちょっと水玉が細かいのでずっと近くで見ていると目がチカチカしますが可愛いです

急きょ完成させました!

昨日無事長らく出品中だったスパッツのMサイズ4分丈をご落札いただきました。

ヤフオクの出品が何もなくなってしまうため急きょ途中まで作ったまま

放置していたレオタードを仕上げて先ほど出品しました。

だいぶ前に作りかけたものの、ありがたいことにどんどん忙しくなり、

袖口の始末と足のゴム回りの始末をしないままず~っと放置してたのです

サイズは130センチ、色は明るめのはっきりしたグリーンです。

よろしければご覧ください

左側のオークションバナーをクリックしていただければ飛ぶことが

できます。

DSC01846.jpg  DSC01847.jpg










これはなんでしょう?

さて下の画像はなんだと思いますか?

DSC01842.jpg

実はこれ、トレンカタイプのタイツの試作品です。

といっても全体ではなく下の足首の部分だけです。

まずは1番楽な方法でと思って、長めのタイツを作り、かかと部分に穴を

あけるという方法を試してみました。

市販のタイツはかかと部分に最初から角度をつけて生地を織って(編んで?)いるので

足の甲の部分にしわが寄らないのですが、自作する場合はまっすぐになるので

足首のところで曲げる以上そのままではどうしてもしわがよることが判明。

最初から輪に織ってある市販のタイツと違い、どうしても縫い目ができるので

製作方法には限りがあります。

そこで実際に履いてみて、前のほうから足に引っ掛ける部分にかけて

足の甲にかからないようにカットしてみました。

でも今度は足に引っ掛ける部分がパカパカ浮いてしまいます。

解決方法としてはそこにゴムを挟みこんだらいいのかな~と思うのですが

そうするとゴムをきつくした場合、ギャザーがきつくなってしまってしわが

寄るかもしれません。

もう一つの方法が普通のタイツに足裏に引っ掛ける部分を延長して付ける方法です。

この方法のほうが無難な気はしますが、その分タイツの寸法が合わないと

かなりまずいことになりそうです。

きつすぎるとタイツが下にひっぱっられてしまいますし、緩すぎたら

あちこちにだぶつきが出そうです。

とりあえず両方やってみることにします

方法1のほうが方法2よりは楽なはずなのでそっちでうまくいくと

いいのですが(^‐^;)




オーダーをお受けするにあたって

皆様にご心配をおかけしましたがいろいろ検討した結果

オーダーは継続してお受けすることにいたしました。

今後も皆様のオーダーをお受けしていくために、おこがましいのですが

オーダー前に下記の点についてご了承いただければと思います。

まず、レオタード製作は私一人で行っているため、急な変更、納期の繰り上げには

対応できない場合があることをご了承ください。

その点をご了承いただけましたらメールフォームよりお問い合わせください。

メールフォームをご利用いただけない方はコメント欄に非公開設定でご連絡先を

ご記入いただければこちらよりご連絡を差し上げます。

通常は翌日までにはお返事させていただきますが製作が追込み中の場合は

3日ほどかかる場合もございます。

またオーダーには必ず納期を設定してください。

お急ぎではないということであれば納期は3か月先でも6か月先でも構いません。

いつまでならお待たせしても大丈夫という目安をください。

納期が3か月以上先のオーダーにつきましては送料のサービスをさせていただきます。

(メール便は全額、レターパック500は半額を私のほうで負担させていただきます)

逆に納期がオーダーのお問い合わせをいただきました日より1か月以内のお客様に

つきましては申し訳ないのですが本体価格の10%分にあたる特急料金を

上乗せさせていただきます。(お待ちいただく方の送料負担分に充てさせていただきます)

また完成画像のブログへのアップは1点物をご希望の場合と、お客様デザインのものは

非公開、それ以外のものに関しましては原則公開させていただく形とさせていただきます。

完成画像のアップは困る、または試合出場後になさりたい場合は事前にお知らせください。

最後に急ぎのオーダーを減らすためにヤフオクのご落札を含めお買い上げ実績のあるお客様に

つきましては競技用レオタードに限りスケジュールの予約をお受けいたします。

(信頼関係に基づくシステムですので初めての方はご利用いただけません。ご了承ください)

オーダーは生地の仕入れなどの出費を伴いますのでやむを得ない事情を除きキャンセルを

お受けしておりませんが、新体操ではぎりぎりまで試合に出られるかどうかがわからないという

場合も多々あるかと思います。

もし出場できるようであればレオタードをオーダーしたいという場合は事前にこの頃に

必要になるかもしれないということをお知らせいただければスケジュールをあけておきます。

この場合、必要でなくなった場合はキャンセルをしていただくことが可能ですが、

レオタードが必要でなくなった段階で早めにご連絡をください。

スケジュールの予約をされて必要なくなったにもかかわらずご連絡をいただけないと

本来であればお受けできたはずのオーダーをお受けできなくなり他の皆様に

ご迷惑をおかけすることになります。

きちんとご連絡をいただけるという信頼関係に基づくシステムですので必ず

厳守ください。

この約束をお守りいただけない方は以後のスケジュールのご予約をお断りさせて

いただきます。

スケジュールのご予約をされた日から納期まで3か月以上あり、実際にレオタードを

お作りした場合は送料負担サービスの対象となります。

いろいろ勝手を申し上げましたがしばらくこのシステムでやってみて不都合があれば

また変更をお願いするかもしれません。

私にとっても、皆様にとっても気持ちよくオーダーができるような形を

とらせていただきたいと思っております。

どうぞご理解ください。

※こちらの記事は2012年7月12日にオーダー体制を変更しましたので
オーダーの予約以外の事項につきましては無効とさせていただきます。

もう発送済みですが

ず~っと追込み中につきなかなかブログを更新できませんでした

一応ブログにアップしようと画像を何点か撮りましたので遅ればせながら

アップしようと思います。

今回のレオタードはちょっといつもとは一味違います。

何が違うかというと、まず本体生地が重ね使いです。

下の画像をご覧ください。

DSC01826.jpg

端っこのほうをよくご覧いただければわかると思うのですが下はロイヤルブルーの

トリコット生地を使用しています。

その上に青いラメがついた黒いパワーネットを重ねているのです

単品使いでは出せない深い不思議な色合いになりました

次の違いは今回は背中に空きはあるけれどハイネックではないレオタードだという

ことです。

DSC01825.jpg

この場合でも私はスナップボタンを使います。

経験上この方法が一番演技中に外れなくて壊れにくく、確実だからです。

でもこのせま~いスペースにスナップボタンを付けるのは大変で、

案の定?片方失敗してしましました

金具を端に付けすぎてしまって襟からはみ出してしまったのです

スナップボタンをはずして付け直すか?それとも襟ごとはずして襟を作り直すか?

難しいところですが残り生地が少なく、次に失敗したらもう生地がなくなって

しまうのでまずは金具を外して付け直す方法にしました。

金具を外す時に生地を傷めないよう慎重に慎重に、ゆっくりと外します。

無事きれいに外すことができ、襟を作り直さなくて済みました。

(でも金具を外すだけでかなり時間がかかってしまいました・・・)

そして最大の違いはパンツにも切り替えが入っているということです。

DSC01827.jpg

これがなかなか悩みどころで、切り替えの部分をどうするかずいぶん悩みました~

縫い目がゴロゴロしないように、また折り返し部分をきれいに仕上げるには重ねて

ジグザグミシンのほうが断然いいです。

今回は2枚重ねなので裏がはみ出して見えちゃうということがないように、

裏の生地を気持ち内側にするように気を付ければいいだけです。

しかしここはパンツ部分です。

パンツ部分といえばレオタード全体で一番横に引っ張られ、負担がかかる

場所です。

そこをロックミシンに比べて強度が弱いジグザグで仕上げるのはどうなのか?

悩んだあげく、ロックミシンで縫うことにしました。

切替線をそのまま下まで縫ってしまうとパンツの折り返す部分に縫い目が

きてしまうため、途中に切込みを入れ、そこまでロックミシンで縫って、

続きの折り返す部分だけ2枚重ねてジグザグミシンをかけました。

ネットを重ねている側でネットが折り返しのところで切れているのは

そのまま端まで重ねて折り返すとネットが足に直接触れてちくちくするから

です。

(もちろんネットの端は浮かないようジグザグミシンで縫い付けてありますよ~)

使用した生地はすべてお客様持込みで、デザインもお客様デザインなので

完成画像をアップできないのが残念ですが下の画像のきれいな黄緑ホログラムの

モチーフをお付けします。

DSC01824.jpg

縫い付けるとこんな感じす。

kakudai.jpg

どちらもそれぞれにきれいな2色のブルーの生地にモチーフがよく映えます

プロフィール

kasumi

Author:kasumi
レオタード作りが大好きです。
皆さんがこのブログを見て楽しんでくれたら嬉しいです。
オーダーはまず受付状況をご確認ください。
※私のつたない作品を気に入っていただけるのは嬉しいのですが、デザインや画像の持ち出しは
ご遠慮くださいますようよろしく
お願い申し上げます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
マイ・オークションをごらんください
メールフォーム
カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
月別アーカイブ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。