FC2ブログ

手作りレオタードの作り方(スカート・パンツ・仕上げ編)

金曜日の夜中から昨日にかけて熱を出してしまったため、更新が遅れてしまいましたが

スカートとパンツの作り方です。

まずパンツですが両脇と股下を縫います。

次にパンツの足回りにゴムを入れますがこれは下の記事をご参照ください。

縫い代は2cm位とるといいと思います。ゴムの通し口は切込みを入れるのではなく、

1cm~1.5cmだけ縫い残すという方法もあります。

パンツのゴム入れ

スカートはまずそれぞれのパーツの両脇を縫って、わっかにします。

DSC01469.jpg

DSC01468.jpg

身頃のように先に切り替えをつなげてから脇を縫ってもいいのですが、

この方法だとどちらかのパーツの脇を違う色の糸で縫うことになってしまいます。

スカートは身頃と違って裏が見えますので、私はなるべく糸が目立たないように

それぞれのパーツを生地と同じ色の糸で脇を縫い合わせてからつなぎます。

つなぎ目の縫い代は互い違いに倒すと後でつなぎやすく、仕上がりもきれいです。

切り替えにジグザグミシンをかけるときも下糸は下になる生地と同じ色の糸を

使ってくださいね

最後にすその始末ですが、生地がまるまってしまうものでなければ切りっぱなしでも

よいと思います。

丸まってしまう生地の場合はすそを折り返して縫ったり、裏にメッシュ地を

縫いつけたりしてそれを押さえます。

今回は少し丸まる感じなのですそを折り返して縫う方法にします。

(TangoやTropicalは裏にメッシュ地を縫いつける方法です)

まず下の画像のように折り返してしつけをかけ、直線縫いで縫います。

DSC01471.jpg

縫い代を1cmとって5mm内側を縫っているのですが、縫い代がこのままだと表から見たときに

波打ってます。

DSC01472.jpg

そこで下の画像のように縫い代を縫った線の少し上で切り揃えます。

DSC01473.jpg

するとこのようにおさまります。

DSC01474.jpg

これですべてのパーツが完成です。

最後にこの3つのパーツをつないでいくことになります。

いっぺんに3つともつないでしまう方法もあるのですが、よりきれいな

仕上がりのためには、2回に分けてつなぐことをおすすめします。

私はまずパンツの上にスカートをかぶせ、合印を合わせてしつけで縫っていきます。

縫い終わったらそこに身頃をかぶせて再び合印を合わせてしつけで縫います。

下が3つをしつけでつなぎ終わった状態です。

DSC01486.jpg

これをミシンで縫えば完成です。

DSC01505_20110827000650.jpg

こちらのレオタードはヤフオクに即決価格にて出品予定です。

一緒に写っているシュシュのうちどちらかおひとつをサービスでお付けします。

(お好きなほうをお選びいただけます)

お揃いの生地でボール入れとリボンケースも出品予定です。

ボール入れはもう完成しているので明日にでも画像をアップしますね。

モチーフの詳しい付け方はまた教材用のレオタードがあるときにアップしますね。
スポンサーサイト



プロフィール

kasumi

Author:kasumi
レオタード作りが大好きです。
皆さんがこのブログを見て楽しんでくれたら嬉しいです。
オーダーはまず受付状況をご確認ください。
※私のつたない作品を気に入っていただけるのは嬉しいのですが、デザインや画像の持ち出しは
ご遠慮くださいますようよろしく
お願い申し上げます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
マイ・オークションをごらんください
メールフォーム
カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR